KiKのズンダレ巴里日記
パリからあなたにお届けする、とっておきのくだらない話
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
KiKシチリア物語 その3
今回はカターニアの町について思ったことを書いてみます。

第一印象は、何となくホコリっぽいというか、少し垢がついている感じ。大聖堂を始め、あちこちの建物に溶岩が使われていて、灰色が多く目につくからかもしれません。火山灰とかも降るのかな~?

それでも、メインストリートのエトネア通りやベッリーニ劇場周辺はイタリアらしいエレガントさが漂っていて、ブラブラするだけで楽しい。

エトネア通りに並行して走るクロチフェリ通り。エトネア通りから旧ベネディクト派修道院に向かう坂の途中にある静かな通り。


交通量の多さや街の喧騒はナポリを思わせますが、あそこまで激しいというか芝居がかってはいなくて、ほどほどのレベルなのが良い。

人は概ね親切で、愛想も良いのが嬉しい。カターニアはまだそれほど観光地化されておらず、公共の交通機関など要領が分からなくて、地元民でなければ右往左往することもあります。その反面、観光客にウンザリしている様子がなくて、親切な対応をしてくれるので、好感度高し!

最後に写真をいくつか...


ギリシャ劇場遺跡で見かけた猫。


ルイヴィトンがカターニアで限定発売している紙袋...んなわけない😜。駅の近くにあるレストランで発見したもので、中にはパンが入ってます。


ビスカリ宮で見かけたプルメリア。ホテルの中庭でも咲いていました。やっぱりシチリアは暑いとこなのね。実は何の花か知らず、ビスカリ宮の案内人に尋ねて初めて知りました。プルメリアと言えばプルメリアの伝説しか思い付かなかったKiK、ああ恥ずかしい😓
KiKシチリア物語 その2
今はもう既にカターニアを離れ、タオルミーナに来ているのですが、気にせずカターニア編を続けます☺

現在はカターニア大学の校舎になっている、元ベネディクト派修道院を訪れました。一時間毎に行われるガイド付き(おそらくカターニア大学の学生バイト)見学が、自由見学では見られない場所にも行けるのでオススメ。







内部には古代ローマ時代の遺跡も。





入口の階段部天井と壁の飾りがエレガントです。

カターニアでもうひとつの観光名所がビスカリ宮です。事前に予約が必要なので面倒くさいですが、その価値は充分にあります。18世紀の貴族の館ですが、その末裔が今でも住んでいて、所有者一家の人が自ら見学の案内をしてくれます。







バルコニーの窓枠を飾る彫刻。



天井の装飾は地味だけど優雅です。



ここまでやる? ただの階段に...



大広間。ここまで見てきてお分かりの通り、かなりクドいバロック様式です。



中庭に面した窓の装飾は、天使がいっぱい。

次回はカターニアの町について思ったことを書いてみようかと思います!
KiKシチリア物語
先週の水曜からシチリア島に来ています。シチリア島は、20年以上前、初めての海外貧乏旅行の時に行ったきりで、実に久しぶりであります。

今回は東部のカターニア、タオルミーナがメインの滞在で、今はカターニアのホテルで書いています。

カターニアの町で撮った写真です。


お決まりの大聖堂。やっぱり町のシンボルです。







ギリシャ時代に遡る劇場の遺跡は、実は大部分がローマ時代に手が加えられたものらしい。下の方には澄んだ水が流れていて、ひょっとすると上演の際に水を使った演出もできたのかな? と勘ぐってしまいます。苔の色が鮮やかだな~





カターニア市民の台所、ペスケリーア市場は、大聖堂のすぐ隣にあります。売り子の掛け声があちこちから聞こえてきて、活気に溢れてます。







土曜日には偶然ゲイパレードにも遭遇。

この日はまた、EURO 2016の準々決勝、イタリア対ドイツ戦が行われていたので、町の中心部の広場では大スクリーンで試合中継も見られました。
試合前の盛り上がりぶりを動画にとってみたのですが、画面の方向が間違ってこんなになってしまった😖



この3時間後にイタリアチームがPK戦の末に無念の敗退をするなんて、誰が想像できたでしょう。

カターニア編、次回に続く!
EURO2016・Fan Zone に潜入
サッカーの欧州選手権大会 EURO の開催各都市では、広い公園などにFan Zone という、巨大スクリーンを設置してパブリックビューが楽しめる空間があります。

パリではエッフェル塔前のシャンドマルス公園に設けられたこのFan Zone、KiKの家から歩いて10分ぐらいのところなので、先の土曜日の夜、ちょっと覗いてきました。その時に行われていた試合は、ポルトガル対オーストリア戦。

厳重なセキュリティチェック(少なくとも2箇所、場所によっては3箇所)を通過して、いざ中へ!





超逆光ですいません😢⤵⤵。このスクリーンはもっとも大きなやつで、その面積は420平米! 迫力満点です。



さらに後ろにもう二つ、左右に小さなスクリーンが。


ポルトガルのサポーターは国旗をマントみたいに羽織るのが好きみたい。オーストリアはチロルハットみたいな被り物をしている人が多数。



こちらは正面の大スクリーンから少し脇に離れた場所にある、ビールやスナックをつまみながら (立ち飲み食い用のテーブルあり) 観戦できるスペースです。
それにしても、どの写真にもエッフェル塔が収まっているのを見ると、ニュース番組などの外からの中継で、記者の後で執拗にピースサインをする子どもみたいで、少々ウザイ。



ここでもっとも繁盛しているのはやっぱりビール売り場です。カールスバーグはスポンサーのひとつなのかな? 酔っぱらいの兄ちゃんがポーズとってくれました。あまり有難くない。



ピザやケバブ、クレープの屋台も出てます。



ここでは、試合を見ている人は少数派で、みんなおしゃべりに夢中。



先程のカールスバーグ・バーで、大声で騒ぐイギリス人とおぼしき若者たちが、警備の強面おじさんに諌められる場面。



落ち着いてゆっくり観戦したい人には、こんな客席もあります。スクリーンからはやや遠いのが難点。



なぜかちゃっかり出店している、パリ市公認パリ土産ショップ。閑古鳥が泣いてました。

他にも、ミニサッカーやPKシュートゲームなどのコーナーがあったりと、Fan Zone はまるで縁日のようでした☺


街角にて
今日、床屋の帰りにバスを待っていたら、停留所の目の前にある10区の区役所の正面にレインボーフラッグが...

先日オーランドで起きたテロ事件の犠牲者追悼のものと思われ。本当に酷い事件でKiKも衝撃を受けました。ちなみに10区の区長さんは組合の方です。フランスにはいろいろと不満もありますが、こうした事件に個人だけでなく自治体レベルでもすぐに反応するところは感心します。

そのあと、用事があってポンピドーセンターの近くにあるサンメリー教会の前を通ったら、なにやらストリートアートのパフォーマンスをやっていました。




教会の内部にも作品が展示されていて、なかなか面白い組み合わせです。




写真では今一つよく見えませんが、サンドバッグにキリストさんの顔が…


copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。