FC2ブログ
KiKのズンダレ巴里日記
パリからあなたにお届けする、とっておきのくだらない話
201811<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201901
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
KiK、追悼集会で揉みくちゃにされる
ここ数日パリで起こった一連の事件については、いろんなメディアで取り上げられているので、敢えてKiK が紹介するまでもありませんが、一言だけ。「卑劣」という表現がこれほど相応しい犯罪事件は近年でも珍しく、表現の自由に暴力をもって挑戦状を叩きつけるという姿勢に、短絡的な考えの野暮な行為ここに極まれりという思いです。

パリでは11日にレピュブリック広場で大規模な追悼集会と行進が行われ、KiK も友人に誘われて行ってきました。ただ、集会の場所に行くのが一苦労。午後3時からだから、1時間もあれば余裕だよね~ 。なんなら着いたらお茶でも飲もうか? なんて気軽に考えながら地下鉄の駅に降りると、ホームには黒山の人だかりが... レピュブリックまでダイレクトで行ける線を避け、ちょっと遠回りして乗り換えるよう予定変更したものの、乗り換えの駅でまたもや大勢の人が。来る電車もみんな満員で、ストライキ時並の混雑状態。結局バスを乗り継いでようやく目的地の近くまで行くと、文字通り人の波が...


レピュブリック広場まであと20メートルぐらいのところまで来たのに、全然前に進まない。時々「ラ・マルセイエーズ」の合唱が起きる。いつもイライラしているパリジャンが、こんな人ごみで動きが取れなくても、不満を言わずにおとなしくしているのは、やはりこの集会の意味を真摯に捉えているからなのか。

人の波にもまれながら、いつ動き出すのかと待っていると、周囲で「(行進の到着点である)ナシオン広場まで人がいっぱいで、行進できるどころじゃない!」との情報が飛び交い、今度は反対側に向かって戻ろうとする人が増え始め、さらに揉みくちゃにされる始末。結局、KiK も諦めて家に帰りました。

帰りも普段なら絶対に通らない遠回りルートを使って、ようやく帰宅してテレビのニュースを見ると、更新開始は予定を2時間遅れてスタートしたとか。道理であんな長時間立ち往生したわけだ。

行進はできなかったけれど、行ってよかったと思う。あんなに沢山の人達と連帯感を持てることなんて滅多にないことだから。こういうことに関してのフランス人の行動力には頭が下がります。

下の写真は、表現の自由を象徴するペンを持って集会に参加する子供。

小さい頃から慣れてるのね、みんな...

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。