FC2ブログ
KiKのズンダレ巴里日記
パリからあなたにお届けする、とっておきのくだらない話
201811<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201901
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夢でござる~
ハイ、タイトルを見てお分かりのように、「柳生一族の陰謀」を見てきました。それも半日有給を取って。いいじゃない、有給が貯まってるんだから。東映のオールスターキャスト時代劇がパリで見れる機会なんて、滅多にないことだしね。

改めて見ると、萬屋錦之介さんの芝居がいかに浮いているかが分かります。でも、そんなことはどうでもよくって、むしろ、今やコントでも使われなくなったその大仰な台詞回しをタップリ楽しみました。これはもう芸術の域に達してます。
萬屋さんといえば、KiK は子供の頃の夏休みの朝に再放送されていた「子連れ狼」の拝一刀のイメージが強くて、この映画のようなチョンマゲに裃といういでたちは新鮮でした。

山田五十鈴さんも出てます。崇源院の役ですが、数年前の大河ドラマで上野樹里ちゃんが同じ役をやったのかと思うと、不思議です。ラスト近くでの絶叫は、さすが昭和の大女優、貫禄あります。この人と三船敏郎さんが同じ画面に写っているのを見るだけで何だか得した気分。三船さんは役も芝居も割と地味で、普段の「三船だ!」という感じが薄かったのですが、クレジットではしっかりトメでした。

オヤジ俳優好きのKiKにはたまらなかったのが芦田伸介さんと夏八木勲さん。夏八木さんはあまりチョンマゲが似合わないのが残念。怪しい公家役の成田三樹夫さんも最高にイカしてました。

ストーリーは荒唐無稽でいちいち突っ込んでいたらキリがないのですが、そこは深作監督なりのエンターテイメント精神と割り切って。ただ、日本の歴史を知らないフランスのお客さんがこの話を鵜呑みにするのではないかとちょっと心配になります。家光の最期とか特に、ねぇ...
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。