FC2ブログ
KiKのズンダレ巴里日記
パリからあなたにお届けする、とっておきのくだらない話
201811<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201901
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハナをかむ人
季節の変わり目のせいか、KiKはこの一週間ほど体調がすぐれず、風邪のような症状に悩まされています。昨日あたりからだいぶ調子は良好になったもの、相変わらずハナがズルズル出るのは困りもの。

フランスの人はいつでもどこでも遠慮なくハナをかみます。KiKがフランスに来たばかりの頃は、ちょっとした衝撃でした。あんなに堂々とハナをかんで、尚且つ使用したティッシュは捨てずにポケットの中へ入れ、次回のためにとっておく人たち... それが今では自分もやるようになりました。

でも、やっぱり人前でハナをかむのは好きではない。なぜなら、かんだあとのハナをじっくりと見られないから。「こんなに出た~!」というあの感動、これはやっぱり独りで楽しみたいものです。特に偶然大量に出してしまった時など、人前だと、自分の出したハナを見たい欲望を抑えるのに一苦労ですが、独りの時はじっくりと鑑賞できる。

KiKが学生だった頃の話、当時はまだ人前でハナをかむという行為に抵抗があって、ある日ハナををズルズルすすりながら図書館(それもよりによってフランスの知の殿堂、国立図書館...)で調べものをしていたとき、近くにいた女性にサッとちり紙を渡されたことがあります。あの時はさすがに恥ずかしくて、ハナをかむ習慣がついたのはそれ以来ですね。

この話もKiK の鼻水みたいにダラダラとしてきましたので、この辺で失礼!
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。