FC2ブログ
KiKのズンダレ巴里日記
パリからあなたにお届けする、とっておきのくだらない話
201911<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202001
モラヴィアマニア
1週間以上もブログ更新を怠り、全国三百万の読者の皆様にご心配をおかけした事をまずはお詫び申し上げます。

一番の理由はネタがなかったからなんですけど、他にもいろいろとありまして、まずはオリンピック。時差の関係でフランスでは夕方だった生中継を見るため、仕事が終わると一目散に帰宅してテレビにかじりついてました。それからもう一つは、モラヴィアの小説を読み耽っていたこと。

モラヴィアは、谷崎潤一郎と並んでKiKの最も好きな作家です。先週、しばらく使っていなかったカバンを開けたら、買ったまますっかり忘れていたモラヴィアの本がひょっこり出てきまして、ここ数日はすっかり通勤時や休憩時のお供になってます。

実を言うと、KiKがまだ日本にいた頃、モラヴィアはそれほど好きではなく、むしろ退屈なくらいだったのですが、15年ほど前にフランス語訳の「倦怠」を読んでからというもの、すっかり魅了されてしまいました。流れるようなリズム、独特の乾いた文体... フランス語とイタリア語は近いから得だよな。どうも日本語版は訳が悪いのではないか。

というわけで、「倦怠」を皮切りに「無関心な人々」、「軽蔑」、「孤独な青年」といったメジャーな作品をひと通り読みあさったわけですが、いくら二十世紀の文豪とはいえ、今では有名な作品以外は文庫版では入手不可能

そんな時の強い味方が、カルチェラタンにある古本屋さんです。ここなら大昔の初版が手に入ることがあるので、ちょくちょく覗いています。文庫になっていない本を見つけたら、どんなに状態が悪かろうが、手垢にまみれてページがすっかり茶色くなり果てていようが即買いです!

それでも、KiKが一番好きなのはやっぱりモラヴィアにのめり込むきっかけをくれた「倦怠」ですね。最低でも5回は読んでいると思う。こんなに何度読んでも飽きないのは、「細雪」とこの本だけです。


スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.