FC2ブログ
KiKのズンダレ巴里日記
パリからあなたにお届けする、とっておきのくだらない話
201911<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202001
ゲイタウン・マレ地区を歩く 前編
マレ地区といえば、パリの新宿二丁目とも言えるゲイタウン、の筈なのですが... 最近ではイカホモよりもフツーの若者が大きな顔して闊歩している、単なる繁華街になってしまいました。
口にするのも恥ずかしい「おしゃれなショップ」が次々とオープンし、平日でも人がウロウロ、週末の人混みにはウンザリさせられます。

今日は歴史の生き証人KiKが、ここ20年のマレ地区の変貌について語りたいと思います。

KiKがマレ遊びを始めたのは今を遡ること約20年前。当時のマレは、ちょっと汚く、寂れた感じのするところでした。平日の夜にこのあたりをうろついているのは、だいたいお仲間の組合員。あの頃は10件ぐらいゲイバーがあったっけ... 今日までしぶとく営業している(オーナーは変わったけれど名前は同じ)老舗は、KiKが思いつく限りで2件かな。

あの頃のゲイバーは、どこも淫靡な雰囲気に溢れていて、それが当時のマレ地区の暗さにピッタリあっていたのを覚えています。特に、サブウェイというバーは、ゲイバーとしては割と広くて、照明もやや明るめだったのに、そこはかとなくイヤラシサに溢れていたなー。サブウェイは当時かなり流行っていたところでしたが、惜しまれつつ閉店し、その後は10年以上にわたって次々と新しいバーが出来ては潰れを繰り返し、今のところはそこそこうまく行っているようです。

マレ地区を南北に通る道の一つ、rue Vieille du Temple には、サントラルという一見フツーの古いカフェ風のお店と、アムネジアというラウンジ風のカフェがあって、そこにも通ったな~。サントラルは、お店の雰囲気に合わせてか、客層の年齢がやや高めで、店に入ると舐めるような視線を即座に感じていた、当時ピチピチの20代のKiK。ここはまた、ホントにどこにでもあるカフェという風貌だったので、ゲイバーと知らずに入ってきた老夫婦がオドオドしながらコーヒーを啜るというシュールな場面を何度か目撃したことがあります。
アムネジアはもっと洒落た感じで、ソファーの居心地も良く、女の子も入りやすいので、KiKもよく女友達とここに来たものです。90年代半ばのパリのゲイシーンは、この通りが中心となって、周辺のなんの変哲もないカフェにもゲイが群がり始め、この世の春を謳歌していたのであります。

しかし、rue Vieille du Temple の天下は長く続かず、やがてこの通りと平行に走る rue des Archives にゲイタウンのメインストリートの座を明け渡すことになるのですが、続きは後編で。
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.