KiKのズンダレ巴里日記
パリからあなたにお届けする、とっておきのくだらない話
201510<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201512
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
KiK はパラノイア?
先日のテロ事件以来、パリの様子は確実に変わりました。とにかく町中に人が少ない。普段は沢山の人がいる繁華街も、まるで8月のヴァカンス真っ只中かと思うくらい、スカスカしています。クリスマス前で稼ぎ時のデパートも、客が例年より30%から50%ほど減っているとか。

KiK もしばらくは少しビクビクして過ごしました。満員の地下鉄なんて普段は慣れっこなのに、どうも居心地が悪い。パトカーや救急車のサイレンを聞くと、つい良からぬことを想像したりと、すっかりパラノイアになってしまいました。

また、KiK が働いているデファンスがテロリストによって狙われていたのは以前から報道されていたのですが、今日の新聞では、テロは18日か19日に予定していたようで、首謀者がパリ郊外のサンドニで警察に包囲されたのが18日の早朝だったことを考えると、もうちょっとで危ないところだったな、と背筋が凍るような思いです。



スポンサーサイト
KiKが非常事態宣言下のパリで見たものは...

フランス全土が喪にふくし、非常事態宣言が出されて間もない今日11月15日、パリは朝から快晴でした。

そんな好天の日曜日なのに、なんと静かな… 

驚いたのは、チュイルリー公園が閉鎖されていて、普段ならこんな日には沢山の人が散歩を楽しんでいるのに、今日は全く人影がなく、天気の良さが余計にその無人化した公園を不気味なものにしていました。

午後にはマレ地区にも足を延ばし、そこそこ人出があったものの、やはり普段の日曜日とは比べ物になりません。そして、夕方に友人たちと待ち合わせしていたレアールのカフェでお酒を飲んでいた時のこと…

突然大勢の人が一斉に走って行くのを目撃! カフェのテラスにいたお客さんたちはパニックになって蜘蛛の子を散らすように逃げて行き、中にいたKiKたちはすぐさま床にひれ伏し、何が起きたのか分からぬまま、しばらく身を潜めていました。もう恐ろしくて、友人たちともすぐさま解散してそれぞれ家路についたのです。

結局、何も事件が起こったわけではなく、どこかのカフェの照明が破裂したのを爆発か銃撃かと勘違いした人がパニックに陥って逃げ出し、それが連鎖作用でどんどん拡大しただけのことでした。迷惑な話ですが、それだけパリの人々の気分が張りつめてピリピリしているということなんでしょうね。これからしばらくはこんな話があちこちで起こりそうです… 

KiKとパリ多発テロ事件

プチ復活宣言をして、まずはパリのおすすめスポットでも軽く紹介してみるか、と思っていた矢先に、呆然とする事件が起きました。

テロ事件が起きた11月13日の夜、KiKはマレ地区のレストランで食事をしていて、店を出たのが11時少し前。事件のことは全く知らず、週末になると沢山の人で賑わう場所なのに、この夜はやけに静かで、珍しいこともあるものだと思いながら地下鉄の駅に向かっていました。

地下鉄の乗換駅で電車を待っていると、事件現場周辺の駅名が次々と挙げられ、しばらく閉鎖されるというアナウンスが。ただならぬその内容に、一緒にいた旦那とどうしたんだろう、と話していたら、近くにいた人から事件のことを教えられてビックリ仰天😵!

家に着いて早速テレビをつけると、どのチャンネルも事件一色で、その時点ではコンサート会場の人質はまだ解放されていませんでした。惨事が起きた場所は、マレ地区からさほど遠くない場所で、事件の内容を知るにつれてじわじわと恐ろしさを感じました。

年明け直後からこのての物騒な事件が起きているパリ、これまでは割りと冷静に見ていたKiKですが、今回ばかりはかなり不安な気持ちになっています。

日本にいる友人から安否を気遣うメールやラインのメッセージが早速送られてきて、本当にありがたいと思いました。

それにしても、非常事態宣言というのは在仏20年のKiKでも初めてで、妙に緊張します。

KiK、復活!

しようかな、と思いつつはや数ヵ月... 😓 今さら再開してもも誰も気に止めてくれないかも、といじけた気分で書いてます。全ては更新を怠った自分が悪い。反省しています。いいわけはできるけどしません🙍。

数少ない読者の皆様、何卒辛抱強くご贔屓お願いします🙇⤵!

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。