KiKのズンダレ巴里日記
パリからあなたにお届けする、とっておきのくだらない話
201505<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201507
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
KiK、パリのとんこつラーメン店にチャレンジする
今日は最近パリの日本人の間で話題になってるとんこつラーメンのお店に行って来ました。

「ラーメンください」と言えばとんこつラーメンが出てくる地域に生まれ育ったKiK としては、これは一度は試してみなければ、と以前から楽しみにしていたのですが... 結果は微妙でした。

オーダーの時、スープをコッテリか普通かと訊かれ、「パリで店を出すくらいだから、きっとフランス人の舌に合わせて、若干薄めに作っているに違いない。KiK に普通スープはきっと物足りないハズ!」と即座に考え、コッテリを注文。

コレが間違いでした。スープはコッテリと言うよりもドロドロネットリ、まるで卵の黄身でとろみをつけたような感じ、とでも言いましょうか。こんなケッタイなスープは地元では食べたことありません。おまけにラードみたいな油の欠片が浮いていて、初めは玉ねぎのみじん切りでも乗っているのかと思ったほど、スープと分離しているものですから。

麺が細くて柔いのは致し方がないにしても(博多風というふれこみなので)、ゆで方が悪いのか何本か束になったままだったり、きしめんかと思うような太い麺が混じっていたりと、食べていくうちにだんだん気が重くなってくるKiK…

とんこつラーメンを何百何千杯食べてきた身としては、とんこつラーメン評価のハードルが高いのは当然かもしれませんが、期待が大きすぎてガッカリ感も半端なし、といった部分も大いにあるでしょう。

でも、味そのものはやっぱり懐かしくて、スープもほぼ全部平らげました。あと、チャーシューは美味でした。

最後にどうしても気になるのがお値段。チャーシューメンが14ユーロって...1800~2000円ぐらい? 実家の方ならこの半額も出せば他に一品つけることすら可能なのに… とにかく、値段のことを考えると腹が立たないことが無くもないので(どっちなんだ?)、この辺でやめときます。
スポンサーサイト
KiK、股に痛みを訴える
全国百万人の読者の皆様、お待た~ というわけで、今日は股の話です。

今朝起きたら何だかからだの調子がオカシイ。気にしないで出掛ける用意をして、いざ外に出てみると...股が痛い!

どうやら一昨日のジムが原因らしい。普段はあまり股を鍛えるマシンは使わなくて、たまたまちょっとやってみようと思って調子こいて何度もやったらこの始末。一日おいて来るってところに、歳をとったことを痛感せざるを得ません😂

おかげで歩き方がヘンになって、まるで競歩の選手のようになってしまいました😅。もちろん速度は競歩選手とは比べ物にならないくらいゆっくりですけど。奥歯にものが挟まったような言い方、という表現がありますが、きょうのKiKは股間にものが挟まったような歩き方で、ヒィヒィ言いながら朝の買い物を済ませました。

慣れないトレーニングはいきなりやるものではありませんね。反省して、今日はおとなしく過ごします😞。

KiK、フォーブール・サントノレ通りのイギリス祭りに行く
気がついたら一月以上も更新していませんでした。時間が経つのは早いですね~ 😓

今日はフォーブール・サントノレ通りの一部で開かれていたイベントに行って来ました。この通りに居を構えるイギリス大使館の後援で、大使館周辺にある有名ブランドのショップのいくつかでカクテルパーティーが開かれていたのです。シャンパンをたらふく頂きました😁。



ロンドンの象徴とも言える赤い二階建てバス。上にいるのはDJさん。



パリの空にはためくユニオンジャック。



おそらくバーバリーから派遣されたのであろうトレンチコートボーイズ。いよっ、男前!



ノリノリの警察官。



ステレオタイプののイギリス人? 因みに、この日は晴天で雨は一滴も降っていませんでした。



フィッシュ&チップスの屋台。KiKは招待状を持っていたので、無料で食べられました。ちょっと嬉しい。



ランヴァンの店内で女王に謁見もできました。

次回はいつ更新できるか分かりませんが、そのときまでごきげんよう~🙋
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。