KiKのズンダレ巴里日記
パリからあなたにお届けする、とっておきのくだらない話
201502<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201504
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
KiK、ウェルベックの最新作を読む
ミシェル・ウェルベックは日本でも翻訳されているのでご存じの方も多いとおも生ます。彼の最新作「服従 (原題:Soumission)」は、その内容はもとより、奇しくもシャルリーエブド編集部襲撃テロ事件が起きた1月7日に発売されたという、初っぱなから因縁めいたいわくつきの小説。本国フランスを始めヨーロッパ各国で飛ぶように売れています。

実を言うと、KiKはこの人の本は何となく難しそうだな~と思っていて、ちょっと科学っぽい話が絡んでいるみたいだし、おまけに見た目もなんだかキモいオッサンで、タバコは中指と薬指の間に挟んで吸ってるし、どうも今一つ読む気が起こらなかったのですが... 人は見た目で判断してはいけませんね😓。

あらすじを簡単に説明すると、舞台は2022年春、大統領選を間近に控えたフランス。極右政党の国民戦線(FN)が着実に勢力を拡大するその一方で、イスラム教系の新進政党ムスリム博愛党が躍進し、UMP (日本の自民党みたいな政党)と社会党を差し置いて、決選投票でなんとFN と対決するという事態に! 結果はUMPと社会党の支持を受けたムスリム博愛党の候補者が当選し、史上初のイスラム教徒の大統領が誕生します。そして、フランス社会は徐々に「イスラム化」の一途を辿る... という恐ろしい話です。

そんなフランス社会の変化が、ある大学教授の目を通して描かれるのですが、国全体を揺るがす変化と同時に、それにじわじわと影響を受け始める彼の私生活が細部にわたって綴られ、鮮やかな対比を成しています。彼自身の語り口は非常にシニカルでありながら時にユーモラスでもあり、そのバランスが絶妙です! 政治に限らず、フランス社会の現状に通じている人なら楽しめること間違いなし。フランス通でもファッションとグルメにしか興味がないなら無理でしょうけれど。

自分でも驚くほどドップリとはまってしまい、あっという間に読み終えました。個人的に今やちょっとしたウェルベックブームが起きてます(笑)。
スポンサーサイト
KiK、マルセイユへ行く
只今マルセイユに来ております。
今日は風が強くて、吹き飛ばされそうになりました。時速100~110キロだそうです。
それでも天気は良好で、わりと過ごしやすい日和です。

昨日はノートルダム・ド・ラ・ガルド聖堂にのぼって町を一望。



マルセイユはフランスで一番カオスな都市でしょうね。パッと見たところ汚い感じですけど、時折はっとするような美しい建物があったりして、KiK は結構好きなところです。

今朝は旧港をブラブラ...

♪かもめ~が飛んだ~


♪かもめ~が飛んだ~

と、脳内BGMは渡辺真知子さんの「かもめが飛んだ日」一色でした。

MuCEMという、ヨーロッパ・地中海世界文明博物館にも行って来ました。なかなか見ごたえあります。マルセイユの新名所で、展示内容はもちろん、建物自体や周囲の雰囲気もいいですよ。全体の様子はこんな感じ。


それではまた~
KiKの週末コメディ三昧
この週末は土曜日曜と立て続けにコメディ芝居を見に行きました。

まず土曜はモンパルナス劇場で「Grandes filles」、日本語のタイトルをつけるとしたら、「オバチャンたちの一年間」て感じかな?四人のベテラン女優が、1月から12月と月毎にテーマを変えて繰り広げるショートストーリー。絵に書いたようなユダヤ人母、エホバの証人に入信していたブルジョアマダム、カトリックだけど花柄のワンピースが似合う太めの女性が好みのレズビアン、北アフリカからの移民でもアラブ系ではなくてカビリア人の世話好きオバサンという、一見全く接点のない四人の女性があーだこーだと喋る喋る。
ユダヤ人母を演じているジュディット・マーグルは新聞のインタビューで「四人のバカ女がバカな話をする」とこの芝居を紹介していて、KiKはそれをたまたま読んで非常に興味をひかれました。まさにその通りでした。

翌日曜日は友人に誘われてChiens de Navarre という劇団の舞台を見に行ったのですが、これが大当たり。場内に入ると、いきなり磔にされた血だらけのキリストが...

このキリストさま、何やら独り言を延々と続けていて、それがホントに可笑しい。「足が痛いな~これこそ受難だよ~」とか、「早く復活祭にならないかなぁ~ 。ウサギとか卵の形をしたチョコレート大好き」とか、「僕ってアクションが得意な役者なんで、どうもこういう独白ものは苦手って言うか... 」などなど。始まりからかっ飛ばしてます。
内容は、日本風に言うところのコントに近いのですが、超ヤバイ糞尿汚水、下ネタ、社会批判パロディー満載、嵐のような笑いが連続の一時間半でした。腹がよじれるという表現がピッタリ。砂で一面を覆われたステージで、終了後記念に一枚。ヤシの木もありますね。


また、この公演が行われたのは、ピーター・ブルックに縁の深いブッフデュノール劇場。KiK が思うパリでもっとも美しい劇場です。オペラ座なんかよりも数百倍イカしてるぜ。


そんなわけで、すっかりコメディ三昧だったKiKの週末でした。
KiK、舞台「エッグ」を見る
昨日の夜、シャイヨー劇場で野田秀樹さんのお芝居「エッグ」を見てきました。実は、一晩明けた今でもちょっと興奮してます。

野田さんの舞台を見るのは初めてでしたが、劇中劇、不条理ユーモア、喜劇から悲劇への移り変わりなど、KiK の好きな要素が一杯詰まっていて、是非また別の作品も見たい! とすっかりファンになりました。

日本版と同じ豪華キャストも大きな魅力で、特に仲村トオルさんのカッコよさにシビレた~。彼の上半身裸には文字通り目の保養をさせてもらいました。藤井隆さんの変貌ぶりもお見事で、KiK は以前からこの人は芝居がうまいと思っていたのですが、改めてそう感じました。

こちらのマスコミではあまり大きく取り上げられていないのがちょっと悔しいのですが、レクスプレス紙は概ね好意的な批評をしていましたよ。


開演前はこんな感じ。


カーテンコールの時。

来年も野田さんのお芝居が見られるといいな~

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。