KiKのズンダレ巴里日記
パリからあなたにお届けする、とっておきのくだらない話
201406<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201408
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ツール・ド・フランスな一日
本日7月27日はツール・ド・フランスの最終日で、パリ中心部は朝から車両通行が制限され、レースのコースにはいつの間にやら柵が拵えられ、警察官が交通整理に大忙しな一日であります。

ツール・ド・フランスのクライマックスであるシャンゼリゼには、KiK が毎日曜の朝に行っているジムがあって、選手たちを迎える準備に忙しい人達に溢れていました。


ツール・ド・フランス記念グッズを売る人達。Tシャツやらキーホルダーやらいろいろ入っているお徳用パックが20ユーロ。あまり興味のないKiKにはちと高い。


選手の通過までまだ数時間あるのに、もう席取りをしています。熱心やね。


車両完全シャットアウトのシャンゼリゼ。中央の仕切りがしっかり黄色と黒のツール・ド・フランスカラーなのね。24時間戦えますか、という昔のCMを思い出しました。

この日によく見かけるのがスポンサーの宣伝カー。昔はよく見物客に向かって試供品やら試食品、意味不明のグッズをばらまいていたのですが、最近ではあんまりやらなくなったような...


お菓子メーカーの宣伝カーは、キャラクターのハリボテで子供達のハートを掴みます。


これは銀行。


日本でも知名度のあるカルフール。店内で働くおじさん達の人形はちょっとリアルで不気味です。


これもお菓子メーカー。ビスケットや焼き菓子系です。巨大なマドレーヌの袋だけなのか...?もうひと捻り欲しい。

散歩の途中で選手が来るのを見てみようかなーと思っていたのですが、まだ一時間以上待たされると分かり、サッサと家へ帰ってきました。ツール・ド・フランスは家のテレビで見るのが一番です。上空からの撮影も見れるしね。

今日はまともなパリ情報ですよね?クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
夢でござる~
ハイ、タイトルを見てお分かりのように、「柳生一族の陰謀」を見てきました。それも半日有給を取って。いいじゃない、有給が貯まってるんだから。東映のオールスターキャスト時代劇がパリで見れる機会なんて、滅多にないことだしね。

改めて見ると、萬屋錦之介さんの芝居がいかに浮いているかが分かります。でも、そんなことはどうでもよくって、むしろ、今やコントでも使われなくなったその大仰な台詞回しをタップリ楽しみました。これはもう芸術の域に達してます。
萬屋さんといえば、KiK は子供の頃の夏休みの朝に再放送されていた「子連れ狼」の拝一刀のイメージが強くて、この映画のようなチョンマゲに裃といういでたちは新鮮でした。

山田五十鈴さんも出てます。崇源院の役ですが、数年前の大河ドラマで上野樹里ちゃんが同じ役をやったのかと思うと、不思議です。ラスト近くでの絶叫は、さすが昭和の大女優、貫禄あります。この人と三船敏郎さんが同じ画面に写っているのを見るだけで何だか得した気分。三船さんは役も芝居も割と地味で、普段の「三船だ!」という感じが薄かったのですが、クレジットではしっかりトメでした。

オヤジ俳優好きのKiKにはたまらなかったのが芦田伸介さんと夏八木勲さん。夏八木さんはあまりチョンマゲが似合わないのが残念。怪しい公家役の成田三樹夫さんも最高にイカしてました。

ストーリーは荒唐無稽でいちいち突っ込んでいたらキリがないのですが、そこは深作監督なりのエンターテイメント精神と割り切って。ただ、日本の歴史を知らないフランスのお客さんがこの話を鵜呑みにするのではないかとちょっと心配になります。家光の最期とか特に、ねぇ...
革命記念日に... 必殺!
先の7月14日はフランス革命記念日で祝日でした。この日は毎年、朝早くから戦闘機やらヘリコプターがパリ上空をバタバタと飛び回り、シャンゼリゼでは軍事パレード、夜はエッフェル塔の足元でコンサート、花火、消防署のダンスパーティと、なんとまあ慌ただしい一日であります。

そんなフランスを満喫(?)できるような日に、KiK はシネマテークでコテコテの日本映画、「必殺4 恨みはらします」を見に行きました。

現在シネマテークでは深作欣二監督ほぼ全作品の回顧上映が催されています。深作監督の映画はそれほど好きなわけではないのですが、 懐かし邦画大好きのKiK がこれを見過ごすわけにはいかない!海外生活が長いと、飢えるんです。

パリで、それも革命記念日の休日にフランスでは全く無名の「必殺」を見に来るなんて、どうせ日本人ばかりだろうと思っていたのですが、百人ちょっとの観客のうち、ほとんどが現地の人で驚き。やはりタランティーノが崇拝しているということが一因でしょうか。

映画もちゃんと見つつ、気になった周囲のフランス人の反応もチェック。主水が嫁と姑にいびられるシーンではちゃんと笑いが起こりました。こういうのって世界共通なのかしら?不思議だったのは、クライマックスで悪党一味との決闘を前に主水が登場するところでも会場から笑いが... ここ、笑うとこじゃないでしょ!

それにしても、この映画で主要な役を演じている俳優さんたちはほとんどがもうお亡くなりになっているんですね... コミカルな演技もシリアスな演技も味のある藤田まことさん、卑劣漢をやらせたら当時は右に出るものがいなかった蟹江敬三さん、どんなに変態な役を演じても気品があった成田三樹夫さん、ほんのわずかの出演でも主役を食うほどのインパクトがあった草野大悟さんなどなど... こうした名優たちのありし日の姿を見られただけで涙が出そうになりました。

次は「柳生一族の陰謀」を身に行こうかな~♪

今回はかろうじてパリの話題ですので、下の「パリ情報」クリックお願いいたします!
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
にほんブログ村
アイロンをかけながら
唐突ですが、KiK はアイロンをかけるのが結構好きです。

そりゃあシャツ20枚お願い、なんて言われたら困るけど、アイロンがけはどこか落ち着く。シワシワの服がスーッときれいになっていくのを見ると、嬉しくなる。 蒸気のシューシューという音も心地よい。 自分には洗濯屋が向いているんじゃないか、と真剣に考えたこともある。

変なシワを作らないように集中しながらも、フッと色んなことを考える。今日もアイロンをかけながら、家事の中で自分はなぜこれが好きなのか考えてみた。

例えば部屋の掃除などは、チマチマしたものを片付けて掃除機をかけて... 面倒くさい。結果が出るまでに時間がかかる。小さい頃から片付けはとにかく苦手で、勤務先の机の上も荒れ放題。よくこんな環境で仕事ができるものだと自分でも感心する。

その点、アイロンは結果がすぐに見える。そんなインスタントなところが魅力なのではないか... そう考えると、自分ではのんびり屋のつもりだったけど、実はせっかちなのかなぁとも思ったりして、アイロンに自分を再発見させられた(大袈裟?) KiK でありました。

今日の話が面白いと思ったアナタも、つまらないと思ったアナタも、下の「パリ情報」のボタンをクリックしてみましょう。よろしくね。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
にほんブログ村

またもワールドカップの話
昨日は怒りに任せて変な記事を書いてしまい、大人気なかったと反省。結局、書いた後にネットで見れることが分かり、後半、延長そしてPK戦までちゃんと観戦することができましたよ~。

攻めるオランダと守るコスタリカの息詰まる戦いは、見応えありました。オランダの勝利は嬉しいですが、コスタリカもよく頑張ったと思います。

フランスは敗退したものの、テレビのスポーツニュースでは、他の試合の結果よりも、やれホテルを離れるだの帰りの飛行機に乗るために空港に向かうだの、まずはフランス代表の同行が先に報道されるという、どうしようもない自国第一の姿勢でウンザリ。その上、もうワールドカップよりもツール・ド・フランスの話題がの方が多く報道されつつあるのには呆れます。どこまで自分中心な人達なんでしょう。

フランスの敗退は痛くも痒くもないのですが、あの国を挙げての熱狂ぶりがもう見られなくなるのかと思うとちょっと寂しいです。ドイツとの試合の時、ちょうどパリ中心部の繁華街にいたのですが、あちこちのカフェで試合中継を流していて、沢山の人が立ち見してました。



カウンターだけの小さなバーでもこんな感じ。


スクリーンが設置されていた市庁舎広場は、警察の厳重な監視の元に置かれて、KiKが近くを通りかかった時はまったく入り込む余地がありませんでした。


フランスは2年後の欧州選手権開催国なので、きっとまた盛り上がることでしょう。

オランダも準決勝に進出したことでうし、下の「パリ情報」のボタンをクリックしてみませんか? いいことあるかも?

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
にほんブログ村
フランスでのワールドカップ中継はサイテーです
はらわた煮えくり返ってます。
今日夜10時からのオランダ対コスタリカ戦を楽しみにしていたのですが、テレビ局TF1が放映を中止して、おバカなバラエティー番組を放送しているではないか!

準々決勝ですよ、他の3試合はちゃんと放送したのに、この試合だけ仲間外れ?フランスが敗退したからもう他の試合はどーでもいいという姿勢が丸見え。そりゃあ視聴率は取れないかもしれないけど、準々決勝の試合を放送しないなんて、ひどすぎると思いませんか?

だいたい、フランスでのW杯中継は最低。フランスで放映権を持っているのは、一般チャンネルの民放TF1と有料チャンネルBeIn sports の2局。Be In に加入していないKiK は、TF1でしか見られないのですが、ここが放送するのは一部の試合のみ。もちろん、注目度が高く、視聴率が取れそうなものだけ。そんなわけで、一次リーグの日本戦は全く放映されず、悔しい思いをしました。

以前はフランステレビジョンやM6でも放送されていたのに、TF1が一般チャンネルでの放映を独占するようになってから何かオカシイ。ふざけんな。

そんなわけで、今ラヂオを聴きながらこれを書いてます。ラヂオでスポーツ中継を聴くなんて、どこの発展途上国にいるんだよ!って感じです。

オランダにはKiKの選ぶ今大会の男前ナンバーワン「スーちゃん」ことスネイデルがおり、ロベンとの若ハゲコンビが見たかったのにィ~

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。