FC2ブログ
KiKのズンダレ巴里日記
パリからあなたにお届けする、とっておきのくだらない話
201311<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201401
ケルン滞在記・街中&クマ編
今回はクリスマス前ということで、ちょっと特別な雰囲気に包まれていたケルンですが、街中で見た面白いものや変なものを紹介します。

ライン川沿いには、かつての面影を残す地区があります。

こんなパステルカラーの可愛いらしい建物が並んでいたり、細くて薄暗い石畳の道など、ブラブラするだけで楽しい。

クリスマスマーケットで賑わう通りから一歩入ると、周囲の喧騒が嘘のような静かな中庭があったり。

地面とほぼ平行に伸びてしまった大木。ちゃんと支えてあります。

もちろんケルンのシンボル、大聖堂も見学。晴れていたので、ステンドグラスから差し込む光が眩しかったです。


キリストを背負って川を渡った聖クリストファーの像も美しい。


あとはやっぱりクマさん。
上の中庭に面した、骨董屋さんの裏側の窓で見たシュタイフのぬいぐるみたち。


さらにパワーアップしたのが、デパートのショーウィンドウ。使用されているぬいぐるみは全てシュタイフです。


さすがはテディベアの老舗シュタイフだけあって、どのぬいぐるみも愛らしく、しばらくウィンドウにへばりついていたKiK、もうすぐ43歳です(^^;。

パリのとあるデパートのでも、クマのぬいぐるみ(それもさほど可愛らしくない)を使ったウィンドウが登場しましたが、プラダか何だかが監修で、やたら金をかけた派手なだけのそれに比べると、このシュタイフ製のぬいぐるみに溢れたウィンドウの足元にも及びません。
スポンサーサイト



copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.