FC2ブログ
KiKのズンダレ巴里日記
パリからあなたにお届けする、とっておきのくだらない話
201311<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201401
近所付き合いが始まる?
向こう三軒両隣、都会に住む現代人にとってはもはや死語とも言えるこの言葉ですが、先日、同じ建物に住む人達と知り合える絶好の機会に恵まれました。

というのも、KiKの住む建物で18年間管理人を務めてきた夫妻が今年いっぱいで退職することになり、そのねぎらいの意を込めて、ある住人がカクテルパーティーを催してくれたのです。

まともに言葉を交わしたことがあるのは隣に住んでいる家族ぐらいしかいないKiKは、どんな顔ぶれが揃っているのか興味津々で出かけていきました。

いや~実に楽しかった。ちょくちょくすれ違って挨拶を交わすだけの人も、長年住んでいるのに全く見覚えのない人も、この日はすっかり打ち解けて、もう随分前からの知り合いのように話に花が咲きました。いつからここへお住まいですか?お買い物はどちらで(近所にあまり商店がないので、結構みんな興味ある)?以前ここに住んでいた○○さんはご存知?などなど、つい管理人さんのお別れ会というのを忘れてしまいそうになるくらい、すっかり隣人同士の親睦会になった感も...

KiKの大家さん(KiKの住んでいるアパルトマンの他にも同じ建物に多数物件を所有している)が代表でスピーチを行ったのですが、この人こんなに面白くて気さくだったの?という驚きの発見もありました。また、会場を提供してくれた夫妻宅には、日本の骨董品がいくつかならんでいて、話を聞くと7年間神戸に住んでいらしたとか。日本の話で盛り上がりました!

パリでは数年前から、同じ集合住宅に住む人たちが親睦を深める目的で、fete des voisins というパーティーを催すのがちょっとした流行りになっています。KiKのところでもそういうのがあればいいなーと思っていたのですが、それにはどうしても、進んで音頭を取る人がいないと難しいようで(KiKはそういうことは丸きりダメ)、ここでそうした催しは一度も開かれたことがありませんでした。この日のメンバーの中でも、ぜひそうした会を設けましょうと乗り気の人がチラホラいたので、もしかしたらこれを機に実現するかも?

何はともあれ、ご近所さんとの距離がぐっと近くなって、大満足のひとときでした。
スポンサーサイト



copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.